アーカイブ|プロジェクト

このセクションのRSSフィード

タグ: プロジェクトは 、 コーヒーハウス 、 ワークス

1963ボアノバティーハウス

投稿日時:2010年5月5日アルバロで



大きな地図で見る
1391_normal ルアボアノヴァ- Matosinhosの
4450-705 Matosinhosの
レサダパルメイラ
ポルトガル

アルヴァロシザ1963

ボアノバティーハウスは、競争1956年に市議会が保有する次のように設計され、ポルトガルの建築家フェルナンドタヴォラで勝利した。 Matosinhosの海岸の崖の上のサイトを選択後、タヴォラは彼のコラボレーター、アルヴァロシザプロジェクトを引き渡した。 1つは、シザの最初に作られたプロジェクト、それが重要なレストランはこれまでMatosinhosの建築家が育ち、風景の中に、彼は深く精通していた設定の町からではない。 それはまだ可能ポルトガル1960のサイトとの密接な接触での作業で建築を作って、とこの作品レサスイミングプール1966年のと同じように、約構築する'を大西洋にこの辺縁帯の風景'ですがWS - を通じて天候や潮の干満を慎重に分析、既存の植物の生命と岩と、通り、都市の背後に関係。

主要道路から約300メートルで削除された、建物は近くの駐車場からのプラットフォームと階段のシステムを介して、最終的にエントリが非常に低い屋根と大規模な岩のサイトへの特性によって保護につながるアクセスされます。 海と水平線を明らかにすること代わりに非表示として、この建築遊歩道は、しなやかなパス白い石で覆わと塗装コンクリートの壁に覆われ、風景のいくつかの劇的な視点を提示。

レストランの西は岩のすぐ上に設定されて、ダイニングルーム、茶室に直面して、ダブルの高さのアトリウムと階段が参加、入場、より高いレベルにされています。 キッチン、ストレージ、および従業員の領域は半建物の後ろに沈没、狭いウィンドウとマストのような煙突色のタイルで覆わだけでマークされます。 計画の蝶を形成、2つの主要スペースは海の入り江を軽く開いて、その外壁は、サイトの自然の地形を次に示します。 ダイニングルームは、完全にガラス張りの中にお茶室は、屋外高原につながるコンクリートのベースの上に大きな窓があります。 両方の部屋で、窓枠は、床の下に、天井と連続で長い突出屋根軒を残してスライドすることができます。 建物は消えているようだ、これは、夏には驚くべき効果を、それが可能なアウトダイニングルームから直接海に歩いて作成されます。

建築材料の多様性の他の初期の作品と同様に遊びに来て:白い漆喰石積みの壁は、西に面したファサードに、とクラッドの赤いアフリカ'Afizelia'木材の豊富な使用のコンクリート柱を公開壁、天井、フレームや家具。 突出軒の直面している外部の長い木の板銅点滅でトリミングで行われます。 屋根は具体的にはローマの赤いテラコッタのタイルで覆われたスラブと木の天井を中断されます。

伝説には、重い嵐の中、海の茶屋の両方の部屋では、家具を取り、内部の大半を破壊してしまった数年前にしています。 ボアノヴァは完全に1991年に、すべての元の特性と保存されて復元されました。

???/??/??????

コメント(1)

タグ: 2006 、 安養 、 パビリオン 、 プロジェクトは 、 ワークス

2006養パビリオン

投稿日時:2010年5月4日アルバロで


final1 韓国パビリオン

2005年2月:招待、突然緊急。 人口30万人の小さな町は、自然公園の前に文化的な複雑な権利で、美しい山々の間に挟まプロジェクトを開始した。 多機能パビリオンは、補完としては、中心的な要素が必要だった。 アルヴァロシザの名前が記載された招待状は、個人的に答えていた、ポルトです。

3月は、2005年:これは急務であり、私はすぐにサイトには、見て回るに行き、メモをでかけ、戻って建築家の仕事に必要な拠点を持って、テーマは地味だったように:多機能スペースを小さく、おそらくmultifunctional事務所、警察おそらく、それらの人々だけでなく、人広場の周りに残って、またはローカルレストランに行くための公園のパスを歩くのトイレ。 6月、海外留学、韓国の建築家、ポルトの抑留、誰が、ソウルに20年間の友人をしており、基づいている私のために到着時に待っていた。 私たちの友情と職業に必要な接続を確立します。 サイトで到着し、緊急性が存在する場合、緊急の緊急が存在する、そのため、国は方法です、その人々とライフスタイルのように。 また時間が決定するが、決定は緊急を後に来ます。 ある知的交流2005年偉大な幸福感は - 安養パブリックアートプロジェクト2005です。 多くの芸術家といくつかの建築家はすでにそれを確認した。 いくつかの懸念がある。 多くの国籍の多くのゲストが緊急性を理解できますか? 冷静に、我々は、写真を取る、、、建築の判例を検索してドキュメントを検索して詳細な計画を求める要素を集め、そのほとんどが戦争で破壊され、メリットの現在のアーキテクチャのための...。私の友人が助けて物事を指摘する。

このサイトはオープンスペース、山、広場から刈り込んだ作成される。 おそらく彼らは、も排除調整することができますが、すでに妥協は、は、私たちが見るものとする。 先頭へ戻るポルトとウェスト。 私は、人生の道を経験を送信しようとすると、味と仕事の基礎。 シザは、受信すると、質問を認識し、他にはないと解釈します。 最初の仕事のセッションでは、いくつかの臆病な、解釈の青写真が作られていますから。 2番目のセッションでは、サイトのモデルでサポートされ、より多くの近似は、フォームがフォームになると、プログラムの検索コンテンツ。 その他のセッションは、土曜日、日曜日、主に従ってください。 雰囲気が優れています。 モデルは、スケールが、青写真は計画の変更、モデルと3dsを必要と増加されています。 これは、必要に応じ、韓国に戻り、クライアントプロジェクトを提示されます。

7月2005:到着時、我々はそのプレゼンテーションは午後4時通知されます。 で4つの時の会議開始:市長、必要に応じ委員会のメンバーは、取締役と同様の技術は、ローカルの建築家やゲストを。 トイレに必要な、変化を要求された数を、提案の正式な承認を防ぐことが何も実施増加のアルヴァロシザの作品、提案のプレゼンテーションの簡単なプレゼンテーションは、いくつかの翻訳、知的な質問、必然。 仕事の質に感謝の表現だけでなく、時間の緊急記者。 これは、建設を開始する時間ですが、緊急、雪... 7時ですと、確認の夕食は、プロジェクトの満足度を表現するために、その受容との公式承認。 我々が実行段階に進んでいるようにホームに戻るには、プロセス、しかし同一の、別のです。 フォームにプロジェクト内の小さな変化への適応、およびプロジェクトにフォーム。 デザインが、規模、厳格を取得、常に青写真を青写真に従って実行厳格に従います。 建設開始し、デザインは続けている。 ネットが、情報の交換を可能にまた、距離にもかかわらず、作業の進行状況を表示することができます。 我々はさまざまな現実であるため、緊急にもかかわらず、転送、官僚による無拘束作業の前進を見た時の喜びは、喜びを提供しています。

2005年11月:再び公園のオープンと工事現場を訪問する。 灰色のほとんど白いコンクリートintuits全体の、大まかなボリュームライト。 絶妙な実行緊急の生まれ。 このサイトは、ボリュームのために作られたボリュームは、サイトから上昇。 正方形の残りの部分、ほとんど、我々の半分残っている保存されたことができます。 パークには、洗面台、公正のは、楽しい...;不快、は驚いたの実装容量。 はほとんどOKですが、多くは一時的な性質のも、使い捨てです。 何時間慈悲されません引き続き良いです。 次の段階の基盤、M&Aのメールサービスは、仕上げ、材料、準備について説明します。 ポルトでは、最終的な設計は、ほぼリアルタイムでのサポートとフォローされている。

2006年7月:再び、大きな驚き、写真の交換にもかかわらず。 光として完成スペースを入力すると、崇高です。 すべての静的しないとき、我々は、スペースが歌う、シザが言うように移動で。 それが必要な場合内向的、その視点で外向的な、その通路には、フォームや材料の容積測定しています。 クライアントと市は敬意とパビリオンお願い安養の名前を - アルヴァロシザホールかかります。 既に使用され、就任式は角を曲がったところです。

カルロスカスタニェイラ、建築家。

???/??/??????

コメント(1)

タグ: エキスポ 、 パビリオン 、 ポルトガル 、 プロジェクトは 、 ワークス

1998ポルトガル館

投稿日時:2010年5月2日アルバロで


バージョンのを表示するのマイオル
pavilhaoportugal ポルトガルナショナルパビリオンは、有名な歴史的な建物アルバロシザによるエキスポ98ホストするために - 世界最大の貿易は公正なものです。 シザのシェルのようなデザインは、また、イベントのテーマを海と世界遺産'を紹介するホスト国の文化を表現するために務めた。

コンセプトと方式の設計、アラップの任命は提供:機械、電気、構造や地盤工学、火災安全と照明デザインを、そして専門家音響アドバイス。

パビリオンは、2つの展示エリア、1つの住宅のメイン展示で構成され2番目の国が表示されます大きな屋外空間を提供します。 パビリオンの最も象徴的な機能は、しかし、儀式広場でキャノピーを作成し、薄く湾曲した具体的な帆です。

ケーブルキャノピー、広場の両側に柱廊を形成して14メートルの高フィンのような壁のシリーズによって提供される膨大な緊張を必要とするサポートします。

リスボンの高いsismicの活動分野は、キャノピーと建物ですとして、完全にそれぞれ独自の構造のサポートシステムと別のものです。

地震と1775年に都市を襲った津波の余波で都市を再構築するため、建設時には、ナショナルパビリオンは、リスボンの最大の都市再生プロジェクトでした。

???/??/??????

コメント(1)

タグ: 2005 、 ギャラリー 、 プロジェクト 、 サーペンタイン

2005サーペンタインギャラリー

2010年4月29日にアルバロ投稿


バージョンのを表示するのマイオル
22102018_2bac00842c 比較では、MVRDVのパビリオンの交換はシンプルそのものです。

一日カフェと会談、夜のイベントの会場は、それは少しグリッド木材の短い板から作られた、エッジの壁を形成する下折り以上のものです。 グリッドの広場にポリカーボネート塗りのペインには、拡張"足で地面を"満たすまで。 木工の基本的な知識を持つ人はすぐにどのように一緒に置かれている表示する:できるようになるとほぞとほぞ継手。 ボルトは、各関節を固定してそこにパビリオンがあります。 だからMVRDVのは、自身が山に登るに設定されながら、これはのように見えますが、フラットパックから組み立てされている可能性が - 日曜日の午後の1000年分の指定された。

"パビリオンは、通常、孤立した建物ですが、我々はギャラリーや木との関係を維持する必要が感じたこのサイトで、これらのことは考えの開始された、"シザは説明する。 "家の前に2つのヘッジの半分楕円を形成している。 それが私たちの提案を曲面を楕円を完了することになった。 そして、木々が外の四角形を避けた位置にされ、我々は4つの曲線を直面していることに決めた。 曲線は、これらの木の位置のための対称されていませんので、これらの事故に適応。 また、屋根が苦しんで事故を始めた。 これは、ボールトのようだが、それがダウンしてギャラリーに近づいて、お世辞のようにしています。 建築は、しばしばこのような事故や困難を通じて開発されました。 最終的にはその建物に文字を与える。"

通行人パビリオンの外観でのそれは生産開いていた前に混合反応の速い調査は:多くの恐竜やアルマジロになぞらえ、いくつかは中に入るのを待つことができませんでした。他のが見つかりましたが、平凡な、あるいは醜い敵対。 労働者のグループは近く、彼らはそれにポリカーボネートパネルを設置する前に、彼らは、それが良い植物とそれ以上成長になります他のそれを好んでいるという。

ビジネスで50年以上後、シザ、このような反応には慣れている。 彼は仲間の専門家によって、崇敬されても、1992年に有名なプリツカー賞を受賞、彼はノーマンフォスターやフランクゲーリーのような高ステークス建築スーパースターれていない。 むしろ華やかな構造を転換よりも、彼の建物が目立たない一目で見ることができます。 しかし、シザの熟練度が微妙な品質のコンテキストなど、空間的な関係にあると光を使用できます。 彼は一般的にきれいで、直線、白い壁とほぼ空白幾何学的なボリュームを味方低いです-よりモダンだが、彼の建築は、通常も、自分のユーザとその周辺にイライラしたミニマリズムに向きを変えるに敏感です。

1つは、彼の最も有名な作品は、例えば、公共スイミングプールレサダパルメイラで1960年代後半に構築されます。 それは具体的な面やプラットフォーム潮のグループを定義するもう少しよりも、最小限の介入では、両方の自然の岩と明らかに非絵Altantic海岸線の具体的な護岸に関連する領域を作成構成されます。

思考のような学校から、若いエドゥアルドソウトデモウラはシザのオフィスで1970年代に自分で分岐する前に働いた。 少なくとも1つは彼のプロジェクトのおそらくより有名な英国内の任意のシザのと比べて:ブラスタジアム、サッカーを開催ユーロは、2004年 - それはピッチの一端に薄い花崗岩の岩の顔をして1つだった時にマッチします。 2つの建築家の前に、ポルトガルの主力パビリオンの博覧会98でリスボンの協力して、それはフォーマルと記念碑、カジュアル、遊び心のある建物には対照的サーペンタインだった。

"我々は、同じテーブルで、働いても紙の同じ部分のさまざまなコーナーの両方の書き込みは、"シザ氏は言う。 "これは友情と遊園地の仕事です。 1つはこの作品の魅力がない官僚、必要はないの規制を知ることですので、休日のように、だ。 これは非常に自由だった。"

アラップのセシルバルモンドの影響がある構造体の解体形状に表示する、という事実全部が立っています。 近い検査では、木材のグリッドは、図形のワープと木材の要素の行にねじれているジグザグ-ジグザグ、それ建物かのように地震で揺れていたが表示されます。 基本的な工法にもかかわらず、このパビリオンは、深刻なコンピューティングパワーと精密工学の結果です。 木のすべてのピースとポリカーボネートのすべてのウィンドウが異なっている。

彼らはパビリオン内で許可されていたら、ケンジントンガーデンズの懐疑は、シザとソウトデモウラの芸術でウォン以上されている場合があります。 外観とは対照的で、宇宙の中に突然大、まだほとんどecclesiastically静かです。 半透明のパネルが天井に光輝きを与えると、周囲の木々の壁にシルエットです残します。 各パネルは異なる指向であるため、各屋根パネルの中心部に太陽電池の光が自動的に夕暮れが、なると、ライトが1つ上の1つで来る。 そして、シザの他の作品で、このパビリオンは、急性その周辺に敏感です。 壁は敬意を周囲の木に外側にお辞儀を表示され、コーナーでの開口部きれいに若い木々や公園の景色をフレーム。 決定下メートルを残したり、その構造のオープンな手段は、訪問者は、カフェのテーブル(シザもちろん、デザイン)で公園にまたがって表示することができる座って。

シザはまだサイトを訪問し、もしています。 ソウトデモウラがやってきて、ノートとそこからは、デザインを働いて写真を撮りました。 しかし、シザは、人々は彼の構造を巨大なアルマジロ例えて不快ではない。 "実は、私はそれは私のせいだと思う"と彼は言う。 "初めにそれを記述するには、私はそれが地面に足の動物のようだったと述べた。 それが私たちの心の中には動物のように見えるようにはなかったが、最終的に我々は常に自然と直面していると自然な形で。 フォームは、複雑な数学との比率で定義されていない、我々は見て回ることができると私たちは木や犬や人々が。 これは、プロポーションと我々が使用して関係のアルファベットのようだ。 私は、1つの建築家のタスクのだと思う:物事をシンプルに、自然が実際には複雑な見えるように。"

フェルナンドでゲラ

ポルトガルでは、設計されて、英国の設計、ドイツでは、建設的なフィンランドの技術を用いて作製、アングロサクソン企業のたっぷりと、ロンドンのすべての6ヶ月間で行わ補助金のペニーなし:トニーブレア首相は新しいヨーロッパの象徴を望んでいる場合、欧州連合の大統領職を記念して、彼はよりケンジントンガーデンズで自分の今年のサーペンタインパビリオンを主張した。

すべてがうまく行っていた場合は、今年のサーペンタインギャラリーをラジカルオランダ練習MVRDVのの山に飲み込ま見ているだろう。 しかし、それはあまりにも遠くまで飛躍を証明した。 コストと、1つの容疑者は、火災のエスケープなどの実用的な問題なので、技術的にはまだ仕事が"進行中"、それは棚上げされた介入した。

代わりに、ジュリアペイトン=ジョーンズは、サーペンタインのディレクター、昨年12月に権威の72歳のポルトガルの建築家アルヴァロシザと彼の長期的な共同エドゥアルドソウトデモウラ今年のパビリオンを思い付くになった。

シザはヨーロッパの建築、最高のパリッとした白い建物のMuseu Serralvesポルトなどの知られている壮大な老人のですが、とマルコデCanavezesで駅マリア教会、リスボン万博1998年のですばらしいポルトガル館、そのハング具体的な"ベール"。

ソウトデモウラ、53は、シザの自分で設定する前に5年間働いたが、彼らはまだ、同じ建物を共有して時折プロジェクトリスボンパビリオンなどの協力。

そして3番目の図のミックスにスローする - エンジニアセシルバルモンド、アラップ、シザとソウトデモウラとポルトガル館で働いて、すべてのサーペンタインパビリオンの背後に黒幕をされているの副委員長は、必ずこれらのことをしている小さいながらも複雑な建物が実際に立つことができます。

簡単は簡単です:1日で夏のカフェやパーティー、夜でイベントの場として窮屈なサーペンタインギャラリーで使用することができますパビリオン。 しかし、目的は、より野心的なもの:サーペンタイン内のすべてのショーを実質的かつ満足としてインスタント建築展を作成します。 アーキテクチャは非常に難しい展示に、なぜロンドンではなく、一時的な建物を設計するために建てない建築家に呼び出すことが有効ですか?

最後のパビリオン、ニーマイヤーの小さいながらも記念碑的な構造を高齢化、組み込み回顧展は、70年以上続いているキャリアからキーとなるアイデアの合計された。 これらのシザから何かが同じように驚きです期待。

Museu Serralvesのような古典的な白いモダニズムの理想の高度な探査の代わりに、今年のパビリオンは、そんなに"亀と何に似ている彼の作品、渦巻く格子状の木材の構造、ポリカーボネートパネルで埋めで、前例のない"、インスタント防衛はローマの軍団一緒に彼らの盾をロックして作成しました。

私はパビリオンでは、空港から新鮮なシザとソウトデモウラに会ったことは明らか駆動していたものは、デザイン、サイト、になった、特に2つのハンサムなオークの木は、シザは、彫刻のように説明するパビリオン、以上の帆、と、建物のアンカーを形成。

パラメータは単純なもの:2つのツリー、サーペンタインギャラリーの大半は、芝生内、そのパスを湾曲に囲まれ間。 これは長方形の構造体に形の木に押さのアイデアが来たから - 木材はほとんど離れて枝を避けるように見える - サーペンタインギャラリーに向かって壁芝生の形を尊重するカーブをサポートします。

セシルバルモンドの最初の議論は)構造が洗練された、ほぼ"ハイテク"を感じる(前述のすべてのパビリオンのようにしてかどうかの問題を持ち出したのか、もっと方言があります。 きれいな白い線での長期金利は、両方のシザとソウトデモウラにもかかわらずいつものように、彼らは方言ルートを取ることを選んだ木材などの地元の素材、石材、セラミックタイルの魅力があった。 (シザは、結果が一部英語木骨構造に触発されたが、強く日本タッチで説明した。)

構造は完全に革新的な、強力な集成材の単板積層材は、Finnforestでフィンランドでは、作った大きなシートからミュンヘン郊外の小さな板、ステンドグラスにオークの木に合わせて、穀物を引き出すと一緒のように入れカット構成されてロンドンの巨大なフラットパック。

クラッドを選択すると、他の主要な意思決定された。 もしこのファブリックまたは固定クラッドでしょうか? シザは光が固体するので、彼は、慎重に、あなたの目を立ち上がるときに構造体でキャッチされることだが、ダウンする際には、公園にオープントレリスを見ることができます座る配置透明ポリカーボネートパネルを選択したい。

各屋根パネルの換気によって、その夜のインテリアを点灯し、それを外から空気のような輝きを与えるバッテリ駆動、太陽電池の光を持ってカウル侵入です - すべての付加的な利点がないことが必要ですとすべての行を台無しにするケーブル。

結果は、間違いなく他のどのパビリオンよりもチャレンジングなところです分厚い、魅力的な建物です。 ザハハディドとリベスキンド、伊藤またはニーマイヤー、シザとソウトデモウラのパビリオンの満足必然のスリリングな形状の空間花火の代わりに、その資質を明らかに時間がかかります。 しかし、落ち着きのグリッドの下に、椅子やテーブルシザの設計で、で、建物の機微に行くゆっくりと姿を現す公園の生活を見て座っている。

建築は、特に一時的なアーキテクチャは、必ずしもインスタントすごいすべきではない。 時にはそれは私たちが深く、少し難しく考えて探求する必要があります、それがどのようなシザとソウトデモウラ私たちが行うことです。

???/??/??????

コメント(1)

のタグ: オフィス 、 ポルト 、 ワークス

1998アルヴァロシザヴィエイラの建築事務所

2010年4月28日にアルバロ投稿


大きな地図で見る
aleixo2 建築事務所
ルアはアレイショ53、2 ºか
ポルト
ポルトガル

アルヴァロシザヴィエイラ1998

アルヴァロシザの事務所は5階建ての建物ポルトのドウロ川を見渡せる、歴史的な中心部と大西洋の間に位置しています。 19世紀には、この街の郊外にある小さな漁村であり、多くの方法で場所はまだ、船港に停泊して、魚の街で販売されて、フェリー川をごとに数交差の文字を保持するAfuradaの近隣の村に分。

計画では、建物がU字型、南に開いている。 これは、多くの中心を占め、維持挫折を地元の建築コードで必要です。 最初に商業的な目的のために意図された1階は、部分的に地下であり、ほとんどのサイト全体をカバーします。 これは、光とルアから換気をして受信するアレイショを行うと、内部の空間と同じレベルにある2つの中庭を介して。 と屋上テラスのすべてのレベルへのアクセスを提供するサービス施設は、階段、建物の北側に位置しています。

また、その設計に貢献して、いくつかの他の建築家とシザの株式アレイショオフィスビルです。 テラスはカフェを収容するために意図された中に地下1階は部分的にアーカイブに、上与えられている。 25または30人のためのスペースを各フロアは、窓の開口部のいずれか1つまたは2つのオフィス、と明らかに多少のランダムな構成によって占領されます各建築家のニーズの結果です。 The1.30 Xの1.80メートル旋回窓、水平方向の具体的な日よけの東正面にかくまわ、周囲の風景を慎重にフレームビュー - 東に急山腹を提供し、川ドウロを超え旧市街。 柔らかな光のインテリアで生産、水の定数の存在、そして、人と交通以下のノイズをカットするオフィスで平和な仕事環境を作成することができます近所で、建物の支配的な地位。

建物の構造は、鉄筋コンクリートでは、その外側の壁は発泡スチロールの断熱材で覆われて、灰色のスタッコのアプリケーションで扱われます。 内部の材料は、白漆喰、木の家具や窓枠、リノリウムの床、大理石の床とタイルウェットエリア、階段に含める。

???/??/??????

コメント(1)

タグ: 2005 、 アーマンダのパッソス 、 プロジェクトは 、 ワークス

2005アーマンダのパッソスハウス

2010年4月27日にアルバロ投稿



アーマンダのパソスはハウス
アルヴァロシザ

0073437-381_425x425
内面ハウス

中水平および垂直面は、地形、禅庭園と火災の兆候、アーマンダパソス家の思い出の輪郭でエアコン優しく上昇している - ポルトのアルヴァロシザで最も最近のプロジェクトです。

設計は、1日のすべての時間帯では、光が影を求めて、住んでいたことと影の光に自分自身を開くと、ハウスのアトリエは、アーマンダパソス画家ポルトガル建築の中で最も国際的な名前から、委託共犯が自然に作成できます彼の作品と建築家によって、各ステップで起こるします。 これは2番目の住居シザのポルトで設計されます。 最初は1960年にはアヴェニダドスにCombatentesだに建てられた。 プロジェクトの建設、市議会の承認プロセスを介しての間に、3年間は、(2002-2005)渡されます。 プロジェクトは、既存の家の解体と3巻の建設が含まれて連結し、2つのパティオガーデン、既存の木々が点在する定義の方法で参加しました。 さらには大通りの歩道の境界壁と建物の正面の間の広い庭園があります。 追加の木が植えられた。 これは、彼らは東と西の間のブリッジを確立主張している。 アルキテクトゥラ&Construçãoとのインタビューで、アルヴァロシザ、完了したプロジェクトについて説明します:

アーマンダパソス家は、友人のために作られたの...
今、彼女は、当時我々はこのような緊密な友好関係を持っていなかったです。 その後私たちがやった、ホームの建物は素晴らしい話だからです。

どのようにチャレンジをした場合に直面?
彼女は家に大きな添付ファイル付きの敏感な人だと私は、特別な方法ではなく、庭、親密さ、光の質との関連の全貌などは非常に建築するために喜ばれるだけでなく、快適さを作成品質の面で、これらの要件を持つクライアントがあります。

どのようなプロジェクトについて?
プロジェクトは、私に割り当てられて標高を変えることに/発生する可能性の段階から拡張投影することができます多機能リビングルームで住宅の一部が含まれます。 住居と多機能リビングルームは、過渡的空間:アトリウムによって相互接続されます。 がある北露出アトリエされた後。

アトリエの屋根が光を特別なことを与えるている2つのグラデーションのように古い工場や倉庫、...。
その通りです。 いわゆる陰? それが高く、北部の光をしています。

インテリアでは、ボリュームを別の多くの実験...
土地面積は小さく、私は多くの利点庭園可能とするため孤立質量を作成しないようにするには、をとると思った。 あるプロジェクトに2つが接続され、1つの独立して機能性の3つの機能も定義された部分は、されたとして、私はパティオを整理、これを使用します。 また多機能リビングルームと西に住居の間のパティオがあります。別の私道に隣接して、そこに多機能リビングルームの前のスペースは、それと通りとの間にある移行の壁の間にある家の前。 だから3つの非常に差別化スペースがあります。

家は近所の人、そのよりも若干低くなります。 意図的だったこれは?
すべての隣の家の2階があります。 それは平均より背が高いですが、この1つで、どの部分が最も通りから見える1つだけ建てです。 それが可能と3つのボリュームに接続するためのすべての3つの側面にパティオを作成したので、意図的です。 色合いのために2階建てのボリュームは、背の高いボリューム、バックしています。 あるという事実の前にオープンスペースと2つの側面の植林と多くの外部の領域内の特定の親密を作成するため許可されています。 この1つは同様に、それは狭い感じるだろうされた場合、近隣の住宅は2階建てであるので、。 このように、寛大な、広々とした室内空間が可能です感覚。

同時に、家の精神として東部だけでなく、提示含まれています-ソレイユの要素を特性の1950年代- brisesなど。 またウェストの間に、東とここにあるの理解が...
疑う余地がないという点で日本の伝統的アーキテクチャとしてそれは美しいです、この問題です。 調音それは明確に定義さ外部空間-パティオと同じ時間でインテリアとの親密なさはかなり重要な通信を可能にする整理が存在します。 大阪の有名な禅寺の庭園は、明確に接続して、彼らは素晴らしい庭園の組成を作成する幾何学的な空間から出発構造です。 この場合において、その庭では、レイアウトされ、方法は、禅庭園に関連するのではなく、親密感が存在します。 家はあまりガラスを含んでいないとして、それは大きな窓の内部と外部の間の通信から恩恵を受け、フレーム、これらの外部空間。

brises -ソレイユ光を撃退するとメモリの建築のように地面に向ける影を。 地上溝ソレイユ上の制限をのbrisesもマーク。
brises -ソレイユが太陽と熱からの保護を提供するために、また内部と外部の間の遷移を作成します。

時点で特定の、ボリュームはほとんど角度特定のタッチで...
はい。 ベランダや住居のブリゼ-ソレイユほとんどタッチでアトリエの遺体一緒に。 彼らは3つの明確な構造ですが、全体を形成するものです。 したがって、別の経過スペースを確立し、アンサンブルを統一1つの構造体の要素の近く。

ある要素です示す詳細は、ほとんどです。 One recalls an outline of the veranda that functions like an arrow pointing out a tree or a detail of the wall. Thus, the architecture itself follows a path…
It follows the treatment of the garden. The areas where the trees and bushes are planted are based on providing solar protection. For example, the west-facing multifunctional living room window has a brise-soleil. First of all, because the brise-soleil protects the window from the south when the sun is high in the sky. When the sun is low, it doesn't help so much. Other systems have to be used, like the brise-soleil. When the sun sets, even the neighbouring house provides significant protection. Where the sun could enter diagonally and create discomfort during the summer, an evergreen tree was planted. Next to the window sash of the large window on the western side of the multifunctional living room, there is a deciduous tree because in the winter the house is more comfortable with direct sunlight. During the warm season the house is shaded.

Is it a four-season home?
はい、それはです。 These are elementary things that both spontaneous and erudite architecture have always used in the mutual relationship between nature and man-made construction.

At the top of the stairs, the light that enters through the skylight signals the steps as if showing the way. It is a repeating gesture…

I don't really like violent light and curtains are necessary, but I also like it when a house can stand completely open, when there are transparencies. Controlling light is not only done through curtains, but also through brises-soleil which break the intensity of the light and the location and orientation of the windows themselves, the end goal being thermal comfort. Metering light intensity was something that old houses did, particularly those in the south, of Arab tradition. Patios with very intense light, porticos that create a transition to the interior, then more broken light and even shady areas –they are necessary for comfort.

Your houses have this tradition…
I don't recall having designed an entirely glass house. Not only because of comfort and to not have to resort to mechanical means, but because I think a house needs to contain different environments. Some are more relaxing and serene, others are more extroverted. A house is made up of these variations. It is apparently simple because many things take place inside a home.

In the interior of the atelier, the light from the shades almost give one a sense of looking through the windows of a cathedral with a rising light….
The intention was not to create a religious environment, but, as the house belongs to a painter, special care is needed with the light in order to create good conditions for painting as well as maintenance. Not too long ago, Armanda Passos contacted me, because, although the shades face north, in the summer there is an hour when the sun enters. Not only can it be bothersome, it can damage the paintings, and therefore we are going to install outdoor blinds so that during these few days, the rays are blocked.

The atelier's windows give the illusion that they can be pulled down. Almost opening the entire sky…
That doesn't happen in this case. The windows run all the way to the floor, but they have panes that open. The larger parts are sliding doors and in certain cases move as one piece. There is no crossbar. It is an entire piece of glass that runs inside the wall.

In general, the window and door planes are well defined. Some open broadly, others narrowly. As if you were playing with the volumes in a harmonic game…
It's a game that requires great effort [laughs], but there is a dimension of pleasure in this effort because the possibility of working for someone who asks for and demands quality is not frequent –whether it is a public or private work.

Everything has been geared toward the client…
Yes, she was extremely demanding with regards to the quality of the construction –which is very good. It's not enough for the architect to demand quality in construction. The person paying for the building who demands quality has a different impact. Often, who's paying is not so interested in quality. This demand for quality is considered to be the whim of an annoying architect.

Do the lateral walls that separate the house from its neighbours have different heights for security?
はい。 The walls were utilised. On one of the sides the wall was raised and the neighbours did not raise any problems. The other side was not even touched.

What materials were used for the house?

It's traditional from a materials point of view. The walls and outer shell are reinforced concrete. In my experience, it is very difficult to mix materials. Any minor error during installation can lead to the appearance of cracks. All of the houses I've done in reinforced concrete are in excellent shape. Even the one I did in the 1960's is concrete and it has never had any problems with cracks, moisture, etc. The supporting wall is in reinforced concrete that is duplicated outside with a wall in stuccoed brick. Between the two is a ventilation space containing thermal isolation material. This means the wall is 45cm thick, including inner and outer stucco. The advantages are the isolation. On the exterior, besides the stucco, there is a granite groove to guard against ground moisture. Most of the periphery contains a coarse gravel band with a drain underneath, precisely so moisture does not affect the stucco.

And with regard to the wood used?
All the wood is painted, the interior and exterior frames, except for the flooring, which is of restored old Scots pine, and the stairs. In areas with water, marble was installed. The kitchen was especially designed for the house, although today it is in production at the factory that built it. Countertops are in marble. The rest is lacquered wood.

Are the window frames made of wood?
はい。 The outer part has an aluminium panel that holds the glass in place and also protects the paint. It's Iroko wood, treated so that it can handle the paint.

What are the roofing materials?
Earth and vegetation. It is a flat roof in waterproofed concrete and immediately on top is a 40cm layer of soil for the grass.

And the roof of the atelier?
It's covered with zinc.

The shades provide a very large movement to the entire roof…
Yes, they increase slightly from front to back so that it gently conforms with the street. The house almost goes unnoticed. The recessed part contains two floors. The atelier has higher ceilings because Armanda builds large canvases and really needs the space and breathing room. All of this takes place in the back, cut off by the trees. So, it's not an exhibitionistic house. It's more interiorized.

???/??/??????

コメント(0)

Tags: Porto , Projects , Serralves , Works

現代美術館1997 Serralvesの

Posted on 26 April 2010 by Alvaro


大きな地図で見る

serralves3 Rua D.João de Castro 210
ポルト
ポルトガル

Alvaro Siza 1997

The new Museum of Contemporary Art is in the Quinta de Serralves, a property comprising a large house surrounded by gardens, woods and meadows, commissioned in the 1930s to serve as a private residence and later used as an exhibition space. The museum develops a new nucleus on the grounds of an existing orchard and vegetable garden, which have now been transplanted to another area of the property, and absorbs most of the functions previously performed by the main house. The site at the edge of the garden and near an existing boundary wall was chosen due to the proximity of the main avenue, ensuring easy public access, and the absence of large trees, which otherwise would have had to be destroyed.

A roughly north-south longitudinal axis serves as the framework for the project. Two asymmetrical wings branch off to the south from the main body of the museum, creating a courtyard between them, while another courtyard is formed at the northern end between the L-shaped volume of the auditorium and the public entrance atrium.

The volume of the main building is divided between exhibition spaces, offices and storage, an art library and a restaurant with adjoining terrace. The auditorium and bookstore have independent entrances and may be used when the museum itself is closed. The exhibition area is composed of several rooms, connected by a large U-shaped gallery - it occupies most of the entrance level, extending to the lower floor in one of the wings. The large doors that separate the different exhibition spaces and partition walls can be used to create different routes or organize separate exhibitions simultaneously. These spaces are ventilated through horizontal openings in the false walls, while natural light is brought in through a series of skylights above suspended ceilings.

As in most of Siza's buildings, the furniture and fittings were also designed by the architect, including lighting fixtures, handrails, doorknobs, and signage. Materials include hardwood floors and painted walls in gesso with marble skirting in the exhibition halls, and marble floors in the foyers and wet spaces. Exterior walls are covered with stone or stucco. These abstract and mute white walls with occasional openings, which frame unexpected views of the garden, create a minimal intrusion into the landscape, while the granite-clad base follows the variations of the ground along a slope descending by several meters from north to south.

A landscaping project is currently being completed which creates a variety of new gardens in the immediate vicinity of the museum that blend into the existing park zone and help to graft the new construction to its natural surroundings.

???/??/??????

コメント(0)

Tags: Famalicão , Houses , Projects , Works

1994年のカサヴィエイラデカストロ

2010年4月24日にアルバロ投稿


vieiracastro カーサヴィエイラデカストロは、中腹ポルトガルヴィラノヴァデファマリカンの町を見下ろす丘の南西端にとまる。 以前は療養所として意図、サイトが、その後それを開発に建築家アルヴァロシザを委託ローカル実業によって買収された。 サイトは現在、管理人の家、2階建ての家族の家とテラスガーデン付きのスイミングプールから成ります。 伝統的なキンタを想起し、カサヴィエイラデカストロは、個人と地域のアイデンティティ、本当に商標シザの建築デザインのフル感じられる町。

デザインはポルトガル北部の家のサイトの町を見下ろす、既存のgroundworksを使用している。

カーサヴィエイラデカストロは、アルバロシザArquitectoで、テラス丘の急な坂の中腹に建てられた南西端にあります。 これは、ポルトガル北部、ブラガの約18キロ南西に位置し、時計の歴史を持つのヴィラノヴァデファマリカンの工業町を見下ろす。 地形が岩であり、国のこの部分、松、オークと緑色で比較的高い降水量。 この見晴らしの良い、そこから広大な風景に南な見方があります。渓谷逆から、家が遠くから見ることができる、抽象的な形は、森林シャープと白に対するエッチングされる。

北東の端に古い家を持つサイトは、療養のために運命づけられていた。 ローカル実業しているクライアントによって取得し、それが唯一の基礎と建てられない療養所の台座と浅い石段の広い飛行が含まれて。

Development of the site was in three phases. 最初の作業は古い建物を復元するであり、世話人の家にそれを変換します。 第2段階は、クライアントは、既存の台座の上に構築のための2階建ての家族の家を提供した。 3分の1は、まだ、完了するプールを構築するので構成され、土地森林のクリアのテラスガーデンを作成します。 不動産に正式な入り口は、どこの手順を昇順する前に管理人の家を渡す東からです。 Service access and garaging is on the west.

ポルトガル一般的には、自国の文化の強い感覚があります。 シザの家は、個人や地域のアイデンティティのリポジトリは、世界はより均一で人間味のレンダリングしようとする軍の砦(1)抽象的な形で表現されが、この家のアーキテクチャでは、シザの他の作品を、のようには認め伝統。 建物の基本的な尊厳は、割合から派生、組成とその部品の集結、それは目に見えて丘の上に、町の一望と離れて設定されて方法は、伝統的なキンタを思い出す。

しかし、それは明らかにデザインの中心にされ、その巨大な展望のある場所の物理的な性質です。 南はカットされている間、ほとんど毎ターンでインテリアの風景に開放され、家の裏手には木々の避難ベルトに面している。

見ると西から、ステップとボリュームをカットを見るのシーケンスは1つの固体から彫刻する。 これは、一部の建物の一定の高さのため、均一に壁を白くし、理由の開口部は比較的控えめです - 彼らは伝統的なポルトガルの家にいるよう。 白い面が支配するので。 ここで、カットアウトが大きく、ボリュームインターリーブされて東には、家が少ない固体外観いるから接近した。 Projections and indentations of the plan at upper and lower levels have produced a fragment of a colonnade on the ground floor and first floor terraces like eyries.

Inside the kinetic envelope, the interior is conventionally and very comfortably arranged with the living quarters on the ground floor and four bedrooms above. これらはそれぞれ、バスルームがあり、テラスに面している。 シザは家の中の家具を設計する過程にある。

The further you get from the moderating influence of the Atlantic, the more severe the winters, and open fires are traditionally common in the region. 1階には、暖炉の大規模なフォームが気前白い大理石と、独自の権利の建築要素をダブル高ホール、ダイニングルームの間の分離を作成並ぶ。 とホールとのリビングルーム(とそれ以外の1つに、単に流れをスペース別)。

光の船としてあなたを打つリビングルームには、プールに向かって暖炉から東に広がっています。 これは、そのかなりの南向きの長さに沿ってスライディングウィンドウの狭いで、南の光が部分的に並木で拡散が点灯します。 At the eastern end, big glass panels, set at a slight angle to the pool, allow you to look down the length of the terrace.

仕上げ材料は、質素です:白い壁は、オーク材の床をキラリと光る、上記薄いポルトガル大理石バスルームとキッチンの床と壁に使用されて置く。 内部的に、ドアや窓枠は、単に、木製に設計;外部の開口部は、塗装金属または大理石のドアや窓のcillsと木で囲まれて。 しかし、方法が光と影が建築のほとんど有形成分として扱われている、エッジ、表面を形成することは、単なる緊縮を変換し、精神的な啓発感を持ってこの家を吹き込ま。

???/??/??????

コメント(0)

Tags: 2008 , Ibere , Projects , Works

2008 Ibereカマルゴ財団

Posted on 23 April 2010 by Alvaro


Ver mapa maior
New Iberê Camargo Foundation headquarters open its doors

4 The new building of the Iberê Camargo Foundation is sited in a narrow plot, nearby the Guaíba River. The museum is mainly defined by its vertical volume where the exhibition rooms are located, from which are raised suspended, undulating arms in white concrete – somewhat resonant of the iconic concrete reveries of Lina Bo Bardi. This is the first project by Portuguese architect Álvaro Siza built in Brazilian territory and was honoured by the Venice Architecture Biennale with the Golden Lion award in 2002.

A large exhibit of work by the painter Iberê Camargo, displayed in the building's nine art galleries, marks Porto Alegre's inauguration of the first project by Portuguese architect Álvaro Siza in Brazil

The Portuguese architect Álvaro Siza returned to Porto Alegre on the beginning of this year for one of his final visits to his first building designed in Brazil, which will house more than half a century's output of paintings, drawings, gouaches and prints by Iberê Camargo, who is considered to be one of Brazil's most important artists of the 20th century.

The architect was in the state capital to concern himself in the final details of the project, such as the development and production of the building's furnishings, which he has also designed. The Portuguese architect is meticulous about every detail of the building, believing that harmony is fundamental in a work. “Although each detail is important, the governing feature is the totality. Equilibrium is the underlying quality for architecture,” he says.

The new Iberê Camargo Foundation headquarters opens in the end of may and is intended to preserve the collection of more than four thousand works by the master of Brazilian expressionism and to be a major center for discussion, research and exhibition of modern and contemporary art, placing Porto Alegre and Brazil on the route of the world's major centers of culture.

In 2002, The project won the biggest international architecture prize – The Golden Lion Award – at the 2003 Venice Architecture Biennial. The maquette toured to the main state capitals in Brazil, together with a touring exhibition of Iberê's work in 2003 -2004. It has also been to the Milan Triennale at the Museum of Fine Art in Bordeaux, and is included in a touring exhibition of Álvaro Siza's work which is traveling the world.

Construction budget of the new headquarters for the Iberê Camargo Foundation, whose president is Jorge Gerdau Johannpeter, is 30 million reais. Building started in July 2003 on a 8,250-m2 site facing the Guaíba (Av. Padre Cacique 2,000 donated by the city council and sponsored by Grupo Gerdau, Petrobras, RGE, Vonpar, Itaú, De Lage Landen and Instituto Camargo Correa. RGE, Grupo Gerdau, Petrobras, Camargo Correa, De Lage Landen and Vonpar. Building is following a precise schedule, which concludes with the opening of the headquarters, forecast for November 2007, and a major exhibition of the painter, who is recognized as one of the major Brazilian artists of the 20th century.

The building will put Porto Alegre on the map of important centers of modern and contemporary art in the country. It has nine exhibition rooms, spread across the three upper floors. The main access level will house the reception, café, cloakrooms, cultural shop and a massive atrium which will provide views of the upper floors and will also be used for exhibitions.

The basement area contains all the building infrastructure, including parking for 100 vehicles, a 125-seater auditorium with cinema facilities, Iberê's print studio and rooms for courses and workshops. It will also contain a reference, research and information center for the huge collection of 4,000 of the artist's works, with a specialized library, database, video library and reading room, intended for national and international researchers and publishing work.

The basement also contains the utilities area and the technical reserve, used for housing the air-conditioning system and the sewer treatment network. Access to the car park is through an underpass beneath Avenida Padre Cacique, connecting both sides of the road to facilitate visitor entry and exit. All the entrances to the new Iberê Camargo Foundation headquarters also meet the requirements of people with special needs. Ramps and elevators have been designed to offer ease of access from garage level upwards.

Innovative technology and ecological trails

The building for the new Iberê Camargo Foundation headquarters is an international landmark in architecture and engineering solutions. One of the design's innovative features is its reinforced-concrete construction throughout, without the use of bricks or sealing elements, forming curved outlines like a great sculpture to feature the form and movement of the ramps built on all floors. It is the only building in the country to be built entirely from white concrete, which dispenses with painting and finishing and also brings it a feeling of lightness. All the power and service ducts are inside the walls, insulated with fiberglass, allowing the installation of permanent or temporary dimmable sockets and lighting anywhere in the rooms.

Indoor temperature and humidity are managed by an intelligent monitoring control to ensure protection of the collection. The air-conditioning system will produce ice at night, when electricity costs are lower, for cooling the space during the day, reducing operational costs.

The design devotes special attention to the environment. A sewage treatment station will treat all the solid and liquid waste on site. The treated water from this process will be used for irrigating the surrounding green space. In partnership with the Gaia Foundation, special care is being given to the 16,000-m2 native forest behind the building. A 200-meter path has been defined in the forest to allow visitors to link art with nature.

Álvaro Siza, an international reference

Álvaro Siza is one of the most important contemporary architects in the world, with work in several different countries. His designs include the Museu Serralves in Oporto, and the Centro Galego de Arte Contemporánea, in Santiago de Compostela. The new Iberê Camargo Foundation Headquarters will be his first project in Brazil. Siza was chosen after consultation which considered the innovative nature of the architectural plan and the international standing of its architect.

The architect is a member of the American Academy of Arts and Science and Honorary Fellow of Royal Institute of British Architects, the Academie d´Architecture de France and the European Academy of Sciences and Arts. He won the Pritzker Award, from the Hyatt Foundation in Chicago, considered the Nobel of the arts, in 1992, for his oeuvre. Siza has played an active role in the most important architectural works in the world, including the Barcelona Olympiad and Expo 98 in Lisbon. He was part of the team that restored the Chiado, the old part of Lisbon attacked by fire.

More about the project

The project won the biggest international architecture prize – The Golden Lion Award – at the 2003 Venice Architecture Biennial. The maquette toured to the main state capitals in Brazil, together with a touring exhibition of Iberê's work in 2003 -2004. It has also been to the Milan Triennale at the Museum of Fine Art in Bordeaux, and is included in a touring exhibition of Álvaro Siza's work which is traveling the world.

30,000 cubic meters of earth were excavated and donated to the Municipal Highway Works Department (SMOV) to be used for paving the city's poorer settlements.

Excavation was carried out without using explosives. In partnership with the a Universidade Federal do Rio Grande do Sul (UFRGS), a splitting plan was found in which the rocks were broken down, allowing them to be removed with pneumatic equipment. This enabled the builder, Camargo Corrêa to complete the predicted 12-month process of earth removal four months early.

There has been considerable concern with the surroundings since the start, and the Iberê Camargo Foundation has therefore proposed to correct the distorted bend in the Avenida Padre Cacique to increase road safety near the site.

Construction is generating 100 direct and 200 indirect jobs.

The project has been visited by more than 3000 architecture and engineering students from the whole country.

The building saves 30% to 40% more energy than conventional buildings.

Chronology:

1995 – Creation of the Iberê Camargo Foundation

1996 – SIte for building the new Foundation headquarters donated by the Rio Grande do Sul government

1998/June – Selection of the architect

2000/May – First site visit by the architect, Álvaro Siza

2001/November – Approval of viability study by Porto Alegre City Council

2002/June – Laying the Foundation Stone

2002/September – Design wins the Golden Lion Award at the Venice Architecture Biennial

2003/July- Building commences

- Sponsorship signed with Camargo Corrêa

2003/December – Sponsorship signed with Petrobras

2004/February – Sponsorship signed with Vonpar

2004/March – Sponsorship signed with RGE

2004/December – Conclusion of Phase 1 – Underground Area

2005/Outubro – Conclusion of Phase 2 – Concrete Structure

2 half of 2007 – Conclusion of Phase 3  and inauguration - Finishing, thermal insulation, electrical, plumbing and complementary installations, decoration and furnishing

1 half of 2008 – Finishing and furnishing

Construction phases:

Phase 1 (basement): Infrastructure: car park, auditorium, print studio, rooms for courses and workshops, documentation and research center, utilities area and technical reserve.

Phase 2: nine exhibition rooms, atrium, reception, café, cloakroom, cultural shop

Phase 3 (final): Finishing, thermal insulation electrical, plumbing and complementary installations, decoration and furnishing

Inauguration:  End of may 2008

???/??/??????

コメント(0)

Tags: 2005 , Llobregat , Projects , Works

2005スポーツセンタージョブレガット

Posted on 21 April 2010 by Alvaro


大きな地図で見る
piscinadecornellacfernand_530x353 Alvaro Siza's world-class sports centre in Barcelona is a model of urban planning.

The new Llobregat Sports Centre in the Barcelona suburb of Cornella is an example of what could be achieved. Designed by Alvaro Siza, the 40,000sq m sports centre is part of a larger sports park development which will include a new stadium for Barcelona's “other” football club, Espanyol. The site was a flat rectangle of empty land between the dense streets of the post-war suburb to the north and Barcelona's ring road to the south. Access roads separate it from a school to the west and playing fields to the east.

The building is set back from the built-up urban edge and made up of a distinct group of large interlocking volumes of white concrete which express the primary programmes within: a rectangular box for the 2,500-seat sports hall, an oval drum for the swimming pool and a long bar for the ancillary facilities. From a distance the ridge of hills that keeps Barcelona's sprawling suburbs pressed against the sea and gives the city much of its topographical character emerge above the buildings. The scarred concrete profile of the sports hall fits effortlessly into the tableau with the line of tree-covered outcrops on the horizon.

Two ramps, each the size of a town square, rise up from the car park and meet at an entrance 4m above the ground. The stilted curves and monolithic materiality of the sports hall disassociate it from other big out-of-town sheds and evoke memories of landforms, while the ramps imply that you have to climb some pre-existing terrain before you can enter the building. These gestures begin to detach you from the reality of the building's lacklustre surroundings, a process that continues inside to become the main ordering force of the building.

The detailing is sparse, almost nonexistent. The walls are in-situ concrete cast with not quite square panels of smooth formwork. Siza specified that the finished concrete should not be made good in any way so there are already streaks of staining and a patchwork effect where the concrete has cured differently behind each board.

Moving inside, you enter an amazing space 100m long, L-shaped in section. The scale is intimate and you are suddenly aware of subtle differences between being here or there in the larger volume. The interior is precisely formed around human movement and perception.

The circulation area is stark but beautifully lit by precisely positioned openings. Once away from the entrance there are no views back out except at the far end where you are offered a glimpse of the outdoor pool below. Two skylights cut into the ceiling and fill the southern end with a soft glow, drawing you down towards the swimming pool entrance and introducing an other-worldly element to the architectural promenade. Later, when you head back to the entrance to leave, a high-level window frames a view of the rooftops of Cornella as if to wake you gently and remind you to where you are about to return.

Deep thresholds separate the sports hall and swimming pool from the circulation space. At the swimming pool entrance, instead of just a row of doors, a kind of anti-space has been made with two curving walls, not as a distinct room but as a distortion of the circulation space, as if the space itself has been morphed around. An event such as this looks naive on a plan but the reality of the experience only induces awe at Siza's masterful judgment of precisely where to introduce light, how much to curve a wall, when to step a ceiling.

The poor swimmers and athletes miss most of this and descend a staircase behind the reception desk to the changing rooms below via a more conventional long corridor. Above the circulation area the exercise rooms are arranged in a line and all are naturally lit by conventional windows, skylights or borrowed light from the circulation space. Their ceilings are sculpted with plasterboard to hide artificial light sources.

Siza's ubiquitous tool, the dado, appears inside the building, although in a less playful mood than usual, and in grey paint rather than stone. It has a constant level in each space and is the same colour as the floor, as if the room has been filled with paint to a given level and then drained. The level varies slightly between spaces to fine-tune the visual perception of each space.

The sports hall roof is a space-frame, the only expressed structure anywhere in the building. The swimming pool by contrast has a shallow elliptical concrete dome roof with 62 circular rooflights. When the sun shines, spots of sunlight reflect off the water and walls like a glitterball in a 1950s dance hall. A ramp descends around one side of the ellipse for spectators to watch events in the pool.

On the ramp, your eye level is roughly at mid-height in the space so the spots of light on the water mirror the rooflights above, like in Mies van der Rohe's Barcelona Pavilion where the ceiling height is set so that the eye is at mid-height, setting up a horizontal symmetry that works with the reflective materials to dissolve spatial boundaries. The same idea recurs in several places, in the sports hall where you enter at the top of the seating rake and in the circulation corridor where the ceiling height drops near the pool entrance.

The indoor and outdoor pools are linked in an irregular-shaped plan, like a rubber duck, a similarity I wouldn't be surprised to learn was intentional. Where they join, glass doors can be dropped down from inside the wall like a portcullis to separate them. The curving edge flows through like a meandering river.

Outside, you discover a hidden oasis of curving forms. The pool's edges swerve and turn while the water reflects the arching sports hall roof and the clouds overhead.

An arc of wall and roof close the pool area off to the south and provide a crescent of shade from the summer sun. The scale of the arc increases as it sweeps up and round to meet the drum of the indoor pool.

At one end of the canopy, where the cantilevered roof is at its widest, a support has been inserted. Instead of a simple column, a slender cylindrical shaft emerges from a more massive abstract volume just like Le Corbusier's column in the east porch at Ronchamp, a typical Siza mannerist reinterpretation from the modern architectural library. To point out such an obvious quote is to fall into his trap, deliberately daring you to doubt his ability and simultaneously exhibiting his effortless handling of form, meaning and memory.

???/??/??????

コメント(0)

??????
  • 人気
  • バージョン:
  • おすすめ
  • タグクラウド
??????
  • カテゴリ

    • 1963ボアノバティーハウス (1)
    • 博物館美術館ガリシア1964 (1)
    • 1977キンタダMalagueira (1)
    • 1994 Aveiro Library (1)
    • 1994カーサヴィエイラデカストロ (1)
    • 建築学部1995 (1)
    • 1996 Church of Marco de Canaveses (1)
    • 1996レサのスイミングプール (1)
    • 1997 Serralves博物館 (1)
    • 1998建築事務所 (1)
    • 1998ポルトガル館 (1)
    • 1999シザのインタビュー (1)
    • 2005アーマンダのパソスハウス (1)
    • 2005サーペンタインギャラリー (1)
    • 2005スポーツセンタージョブレガット (1)
    • 2006 Anyang Pavilion (1)
    • 2008 Ibereカマルゴ財団 (1)
    • 賞 (2)
    • by Kenneth Frampton (1)
    • by Pedro Vieira de Almeida (1)
    • by the Hyatt Foundation (1)
    • by The New York Times (1)
    • by Vittorio Gregotti (1)
    • サイテーション審査員からのプリツカー(1)
    • 人生は再開 (1)
    • 哲学 (5)
    • Projects (8)
    • Siza and his Style (1)

ギャラリー

3392174042_d277fb5c44.jpg Siza-Exercise30.jpg 3225682705_6ea30e8583.jpg marco.jpg planta-piso-1.jpg pro.jpg siza12.jpg final1.jpg
  • 公文書

    • May 2010 (5)
    • 2010年4月 (22)

翻訳者

English flagItalian flagKorean flagChinese (Simplified) flagChinese (Traditional) flagPortuguese flagGerman flagFrench flag
Spanish flagJapanese flagArabic flagRussian flagGreek flagDutch flagBulgarian flagCzech flag
Croat flagDanish flagFinnish flagHindi flagPolish flagRumanian flagSwedish flagNorwegian flag
Catalan flagFilipino flagHebrew flagIndonesian flagLatvian flagLithuanian flagSerbian flagSlovak flag
Slovenian flagUkrainian flagVietnamese flagAlbanian flagEstonian flagGalician flagMaltese flagThai flag
Turkish flagHungarian flag      
By N2H

RSS???? Siza News

  • Meryl Streep Named Honorary Member of the American Academy of Arts and Letters - TheaterMania.com April 12, 2010
  • 多くの手、1つのビジョン-デカンヘラルド 2010年4月29日
    多くの手、1つのvisionDeccanヘラルド... 建築家は - フランクゲーリーからラファエルモネオにアルヴァロシザと妹島和世と西沢立衛のチームに - 個々の建物を設計する。 ...
  • Swarovski Brings Together Stars of the Design World for Milan Furniture Fair 2010 - Art Daily April 11, 2010
  • Firenze: chiavi della citta' all'architetto portoghese Alvaro Siza Vieria - Libero-News.it May 5, 2010
  • フィレンツェイルマエストロアルヴァロシザヴィエイラ安永suoi disegni - 055news.it 5月 2、2010
  • 体験ミラノデザイナーの手を-応答ソース(プレスリリース) 4月9日 、2010年
  • デルコレヒオエルカスティージョ-エストレラスアルヴァロシザdiseñaráエルホテルデ5ラVoz de Rondaの 2010年4月26日
  • "チッタデッラムジカ"アルEXの洞窟:シザのヴィンスCONCORSO - Lecceprima.it 2010年5月3日
    Lecceprima.itは""アルEXの洞窟デッラムジカをチッタ:シザヴィンスCONCORSOLecceprima.itLECCE - E'のl' architetto portogheseアルヴァロシザ書記vincitoreデル"Concorso 1イデーパルコデッレ洞窟は電子デッラチッタデッラルテは、電子デッラムジカ"をlanciatoを...
  • ARCHITETTURA, DA 9 GIUGNO "FESTA" ARCHI-STAR SU ROMA - La Repubblica May 3, 2010
  • エル50%デルウルティモcrédito ESのパラgastosデントロデルプロピオauditorio -エルファロデジタル 2010年4月24日